ケイデンヘッドセミナー 広島BAR・リトハピブログ

カテゴリー Blog, ウィスキー, お酒, スコッチウィスキー, 蒸留所
img_25981

広島市中区流川のバー Little Happiness 日曜日も営業

こんばんは。オーナー谷本です。

先日の東京出張での一コマ。

スコットランド最古のボトラー・ケイデンヘッドのセミナーに行ってきました。

img_25951

はるばる、スコットランドから、マークさん来日!

 

ケンデンヘッドは1842年創業の老舗ボトラー。

この1842年以前にあった蒸留所は、なんと40しかなかったそう。

つまり、ケイデンヘッドは長い歴史の中で、ほとんどの蒸留所のボトルを持っているとのこと。

今は108の蒸留所のモルトを所有。

このケイデンヘッド社、実は今までの歴史の中でいつも血縁の濃い後継者に恵まれず、

1851年には義理の弟が、1904年には甥が事業継承。

1931年に不慮の事故(銀行に行く途中で轢かれた)により、2人の妹達が継承。

しかし、二人は全くウィスキーの知識がなく、アンオリバーという女性がほとんどビジネスを請け負っていたそう。

1960年の妹たちの死後、1972年までこのアンオリバーという女性がケイデンヘッドを守ってきたそうです。

その後売りにかけられ、今はスプリングバンクのオーナー・ライト氏が所有。

御年85歳のライト氏は、自分が死んだら会社は独立されたキャンベルタウンのものにするよう決めているそうです。

今、5500人が住むキャンベルタウンの町の中で70人がこのスプリングバンクで働いていて、ケイデンヘッドのボトルも、スプリングバンクもキルケランも、ここでボトリング。

さらにNEWボトルラインを作る予定で、人の雇用を増やすんだ!とマークさんはおっしゃっていました。

町の大切な雇用主ですね。

長い長い年月をかけて、その時の時代時代の人達の思いがたくさんたくさん詰まったボトラーズ!

img_25981

マークさんの説明を聞きながら、テイスティングして、すごくスっと心に入ってきた言葉。

「人は育った環境で感じるものが違うから、テイスティングノートはただの目安。自由に愉しんで!」

ちなみに、このブナハーブンは、マークサン的には、農場の香りなんだとか。

img_25961

こんなの書いたら売れないから、違う言葉に置き換えてるよ!だって(^^)

なんだか、とってもユーモアに溢れてて、素敵なセミナーでした。

img_25991

ちなみに今リトハピにあるケイデンヘッドはこちら。

img_27281

一番左は、おお!!

グレンリベットの43年でございます(#^.^#)

 

スプリングバンク蒸留所のお酒はこちら。

img_27301

たくさんコマーシャルしたわりに、売り切れてしまって、あんまりケイデンヘッズもスプリングバンクも置いてませんが、

是非是非、飲んでみてくださいね♪


リトルハピネス
『丸氷で愉しむウィスキーロックと季節のフルーツが人気のバー』
リトルハピネス
広島県広島市中区流川町5-14 中山第7ビル1F
TEL:082-247-5779
営業時間:19:00~翌3:00(L.O.2:30)
定休日:年中無休
段原リトルスタンダード
『世界のラム酒と野菜カクテルのお店』
段原リトルスタンダード
広島県広島市南区段原南2-8-16 黄色の看板HEYA-TENの2F
TEL:082-264-8125
営業時間:[火〜土]20時~24時
定休日:日祝・月曜日
Rum&WhiskyハイボールBar
『出逢いは必然。Rum&Whiskyの世界へようこそ』
Rum&WhiskyハイボールBar
広島市中区堀川町1-15-1F ざくろビル
TEL:082-545-1710
営業時間:19:00~翌2:00(L.O.1:30)
定休日:日祝・月

ケイデンヘッドセミナー 広島BAR・リトハピブログ” への2件のフィードバック

    1. せつこさん
      コメントありがとうございます(^^)
      たまに東京では各種セミナーが開催されています。
      広島にはほとんど来ません笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)