私がバーテンダーになった理由・谷本編 広島BARリトハピブログ

カテゴリー Blog, ウィスキー, お酒
DSC_0150

広島市中区流川のバー Little Happiness 日曜日も営業

私がバーテンダーになった理由。

始まりは、本当なんとなく、でした。

大学を卒業して、就職して、すぐに辞めてしまって・・・。

 

たいしてやりたい仕事もなく、でも、適当に再就職する気にもなれず・・・

派遣会社から紹介される仕事は学生時代に少しやっていたアパレルや、保険のセールスレディ、何かしらの営業職。

ほとんどが当時流行っていた紹介予定派遣で、一定期間働けば正社員雇用されるというものでしたが、全然テンションが上がらず、とりあえず派遣で単発で仕事をしていました。

 

そんな時、移店前の大家さんから、空いているスペースで何かやらないか?と声をかけていただきました。

夜の時間だし、この一角のスペース(運転代行の駐車場の待合スペース)で何かと言われても・・・とあまり乗り気ではなかったのですが、敷金も礼金もなし、家賃も激安という事もあり、単なる好奇心と、そもそもサービス業が大好きなので、

とりあえず、再就職決まるまでやってみよー!と、エイ!ヤー!とノリで始めたのがきっかけでした。

 

今思い出しても、大変お恥ずかしいのですが、22歳だった幼いおバカな私は、経営をするっていう概念も、売上が上がらないかもとかいうリスクの1億分の1も理解していませんでした。

 

もともと置いてあった設備を使わせていただいて、照明を落として間接照明にしたり、コーナンでブロックを買ってきて組み立ててボトル棚っぽいのを作ったり、自宅で使っていたお洒落そうなものを全てお店に飾って、一般人がお家の模様替えをするような感覚でなんとなく形にしてみただけでした。

 

かかったお金は学生時代に貯金した100万程度。

参考にしたのは、本屋さんで見つけた「憧れのカフェ」みたいな名前の本。

今、書きながら、10年前のおバカな私が、本当に恥ずかしい。

 

それから何となくオープンして、もちろん全然売上も上がらず、生活できないので昼間は派遣で働き、睡眠時間は短いし、どんどんお金はなくなっていくし、ワーキングプアそのものでした。

場所柄、運転代行をお待ちのお客様の出入りがあったので、いつも誰かしらお店のスペースに人はいて、うちのお店での飲食はないけれど、お水を出して車が来るまでお話相手になるっていう構図が出来ていました。

しかし、そのお客様達は、うちのお店を目指していらっしゃっているわけではないので、売上には反映されません。

 

どうやったら、今の環境で商売として成り立たせる事が出来るのか。

 

1か月が経った頃、おバカな私でも気づきました。

 

このままでは何も変わらず、ワーキングプアのままだ。と。

とにかく、まずお酒を作れるようになり、私自身もお酒を飲めるようにならなくては。と。

 

まず、自分の目標を明確にしました。(といっても、その時の目標は本当アホみたいな事書いてます。でも全部2年以内に叶いました)

 

昼間の派遣の仕事を少しずつ減らしていき、カフェバーに力を注げるように移行しました。

 

バーテンダースクールに行って、一通りの事を教えてもらい、提供できるお酒の種類をどんどん増やしていきました。

 

コーヒーっておかわりしてくれないけど、お酒って何杯も飲んでくれるんですよね。

お酒飲めなかったので、そんな事にも気づきませんでした。

 

それから、たまたま運転代行の会社に取材が入り、クルーが興味を持ってくれて、ちょこっとだけ(たぶん30秒くらい)テレビに映りました。

 

知らないお店から、たくさん紹介で人が来るようになりました。

ご縁がご縁を呼び、たくさんのご紹介がうまれました。

お客様がどんどん増えていきました。

 

色んな方と関わる中で、良いヒントをいただいたり、また、悔しい思いも悲しい思いもたくさんしました。

 

元来、超負けず嫌いなので、この「悔しい」はとてつもない原動力になりました。

 

あの時、色々いじわるしてきた人達、ありがとう!

(今だから言えますが)

 

そんなこんなで、気づいたら、なんとなく始めた仕事なのに、自分の時間も気持ちもお金も全部賭けて、たくさんの遣り甲斐と喜びを得ている自分がいました。

 

一生懸命やった先には必ず遣り甲斐があり、そして、その‘一生懸命‘は絶対自分が目標とするステージに連れていってくれる。

と私は確信しています。

 

 

初めはなんとなく。

気づいたら天職になっていたから。

 

これが、私がバーテンダーでいる理由。

 

 

続きのエピソードは13.14日周年の日に更新します。


『丸氷で愉しむウィスキーロックと季節のフルーツが人気のバー』
リトルハピネス
広島県広島市中区流川町5-14 中山第7ビル1F
TEL:082-247-5779
営業時間:19:00~翌3:00(L.O.2:30)
定休日:年中無休
『世界のラム酒と野菜カクテルのお店』
段原リトルスタンダード
広島県広島市南区段原南2-8-16 黄色の看板HEYA-TENの2F
TEL:082-264-8125
営業時間:[火〜土]20時~24時
定休日:日祝・月曜日
『出逢いは必然。Rum&Whiskyの世界へようこそ』
Rum&WhiskyハイボールBar
広島市中区堀川町1-15-1F ざくろビル
TEL:082-545-1710
営業時間:19:00~翌2:00(L.O.1:30)
定休日:日祝・月

私がバーテンダーになった理由・谷本編 広島BARリトハピブログ” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)