オーナーの想い

私はもともと、お酒がほとんど飲めませんでした。
Barなんかお洒落すぎて敷居が高くて行きずらい。
いい感じに何杯か飲んで、「ウィスキーロックで。」
なんてオーダーして、お店の人と顔なじみになって・・・。

そんなのに憧れていました。

「ウィスキーロックってカッコいい!」飲めるようになりた!!
飲めるようになりたくて、最初は激薄のベイリーズウーロンを飲んでいました。

ウィスキーもいろいろ頑張って試してみたけれど、全部辛くて、アルコール感…そんな時、こんな私でも飲めるウィスキーに出逢いました。
このウィスキーなら飲めるなと思ったら、いつの間にか他のも飲めるようになりました。
あんなに辛いと思っていたウィスキーが甘く感じたり、フルーティに感じたりするようになりました。

よく、雲丹が食べられなかった人が北海道に行ったら食べれるようになった。とか聞きますよね。

そんな感じでウィスキーだって、口に合うものが見つかったら、もしかしたら美味しいと思える世界が広がるかも。
もちろん、お酒が得意じゃない方の気持ちもすごーく分かるから、大歓迎ですよ。
「ウィスキーってカッコいい!!良い感じに何杯か飲んで、お店の人と顔なじみになる。」

私が憧れた形を求めている人がどのくらいいらっしゃるのか分からないけれど、皆様の小さな幸せになりたいです。

私がバーテンダーになった理由・谷本編
感謝!10周年
これからの未来に向かって

お店の経歴

2006年春 大学卒業後就職したのですが、瞬く間に退職・・・
すぐに辞めた根性なしでは再就職先が見つからずに途方に暮れていました。

そんな時声をかけてくれた大家さんの誘いにのり、カフェバーみたいなものをオープン。
全く起業家精神の欠片もなく、敷金礼金なし、安い家賃ということもあり、
就職先が決まるまでの繋ぎのつもりで創業したのがきっかけです。
(広島の社長・経営者のインタビューサイト「シャカツ。」に記事が掲載されてます。)

元来、サービス業が大好きな店主は、あっという間にこの仕事の虜に。

手狭になった事もあり移転を決めた時は、
清水の舞台から飛び降りる覚悟で旧国民生活金融公庫からの借り入れをして、
私の頭の中にあるイメージを形にしていきました。

ただ、当時24歳だった店主は当たり前のように、色々な業者さんから軽視され、
始めに内装を頼んだ業者さんは、なんと工事の途中で跳んでしまい、野ざらしで放置されてしまう事態に・・・。

そんなこんなでオープンが1か月伸びたりなんだりしながら、やっと移転オープンしました。

あれから10年ちょっと。
今は謎の使命感に燃え、毎日サービス業のお仕事を奮闘中。

必ず必ず、サービス業を夢と希望のある仕事にしてみせるぞ!

株式会社Little.m の信頼できる素晴らしい従業員さんとともに、
お客様にとっても、働く人たちにとっても、「安心・安全・クリーンで爽やかな業界」を目指します!

2006年 創業
2008年 山崎蒸留所訪問
移転 リトルハピネス開店
2009年 スコットランド・アイラ島蒸溜所訪問
(ボウモア・アードベッグ・カリラ・ラフロイグ・ポートエレン・ブナハーブン・ラガーヴーリン・ブルックラディ)
リトハピ顧客様用別館 リトルシークレット開店
法人化
2011年 社員旅行導入
余市蒸溜所・サッポロビール園訪問
メキシコ グアラファ蒸溜所訪問
2012年 白州蒸溜所・富士御殿場蒸溜所・マルス蒸溜所・秩父蒸溜所訪問
2013年 シガーソムリエ取得
宮城峡蒸溜所・サントリービール工場・山崎蒸溜所訪問
2014年 江井ヶ島酒造蒸溜所訪問
2015年 段原リトルスタンダード開店
余市蒸溜所訪問
2016年 ラムコンシェルジュ取得
10th anniversaryプライベートボトリング リリース フェッターケアン10年 限定100本
ガイアフロー静岡蒸溜所・安積蒸溜所・山崎蒸溜所訪問
2017年 ガイアフロー静岡蒸溜所・富士御殿場蒸溜所訪問