img_3027.jpg

広島市中区流川のバー Little Happiness 日曜日も営業

皆様こんばんは、リトハピ原です。

一昨日、16(月)は、

自分のLIVEにも、いつも良く来て下さる音も達が

たくさんたくさん出演されるLIVE GIG イベントに参戦の為、

希望休暇をとっておりました。

15(日)は、1ヶ月ちょっとブリに実家に帰省し、

2人の孫娘との貴重な時間。

ほんの1ヶ月も満たなかった会えない間に、

2歳半のお姉ちゃんは、いっぱい喋ってるし、

1歳1ヶ月の下の子は、トコトコ歩いておりました。

孫の成長ぶりに涙が出そうになる、お爺さん。

(月)は、五日市にLIVE参戦したかった為、

娘家族が買い物がてら、街まで連れて行ってくれて、

モールで食事&お買い物。

ずっと老眼だと思って気合いで誤魔化してた見えない眼を

メガネ屋さんで診断してもらって、近視と判明。

人生初のメガネ購入。

初メガネをかけて、LIVE会場まで送ってもらい、LIVE観覧。

自身も、今週末から週末(日)3週連続でのLIVE出演。

それを含めて、現状で8月いっぱいで4本の予定。

孫娘との時間、

音も達との御縁と繋がりの時間を過ごす事で、

日々の仕事を、しっかり充実させたいですね!

と、完全な日記になっているので、

さすがにお仕事しましょう。

休日シンガーソンガー ヒカルが送る、今夜のウイスキーはコチラ!

ブレアフィンディ 1997 18年 54.1% ブラックアダー ロウカスク

※蒸留所名非公表のスペイサイドのシングルモルトです。

生産地域:スペイサイド

蒸留所名:…(蒸留所名は非公表です。インポーターさんの説明文からグレンファークラスと読み取れます。)

樽の種類:ホグスヘッド

蒸留年:1997

熟成年数:18年

ボトリング年:2015

総本数:324本 国内72本

ブレアフィンディは、スコットランドのスペイサイド、バリンダロッホにあるメアリーパークの近くに位置する家族経営の蒸溜所の別名です。非常に有名な蒸溜所ですなのですが、とある事情により、その正式な名称をラベルに表記することができないのです。ブレアフィンディという名称の由来は、オーナーファミリーであるグラント家が所有する農場の名前にあります。彼らは代々、「ブレアフィンディ・グラント」と呼ばれています。

こんな感じのコピペ編集💦💦

ロウカスクとは?

樽に寝かされたウイスキーを「そのままの状態で味わう」ということは、なかなかできるものではありません。普段私たちが目にしているお酒は、様々な人の手に掛かり「見た目や一定の品質に味を整える」といった加工を経た製品だからです。

特にオフィシャルなどの一般的な製品では、まず「①熟成によって樽ごとに異なる味を均一化」をします。また、「②濁りを防止するため冷却濾過処理」を行い、最後に「③お酒の見た目を整えるために着色(カラメル処理)を行い、ボトリング」といった工程を通らねばなりません。ここで問題なのは、透き通った美しい琥珀色の「商品」に生まれ変わらせるために、冷却濾過処理が欠かせないと言うことです。

本来、樽で熟成された原酒には、様々な香味成分が溶け込んでいます。これらは、ウイスキーのうま味や香りの要素で、味を決定づける重要なファクターとなります。しかし、温度が低くなると飽和状態となり濁りや澱が生じるため、見た目が非常に悪くなってしまいます。そのため、樽から汲み出した原酒をあらかじめ約0~5度まで冷却し、沈殿物の結晶が大きくなったところで、目の細かいフィルターで濾したものを製品化することで、美しい商品に生まれ変わらせています。これらの加工過程を冷却濾過処理といいますが、しかし、それは「ウイスキーが本来が持っている、コクやうま味を捨て去る」ことと同じ事です。言い換えると、「味よりも、見た目重視」と言う考え方で造られている事になります。

「ロウカスク」とは、そうした従来の「見た目」を重視した商品ではなく、限りなく「味」を重視した製品、「本来のあるがままの味」を信条においたブランドなのです。

という、またもコピペ💦

超絶、長くなってしまいましたが、

ウイスキー愛の深さ故と、御理解下さい😌

とっても残り少なくなっております。

2杯はとれないかも…、早い者勝ちです!

ハーフでのテイスティングset、

少なくはなりましたが、

特別感謝価格にて御提供させて頂きます。

7月中、通月で実施しておりますが、

全てのテイスティングsetは、「12」set限定販売です。

12set売り切り次第、販売終了とさせて頂きますので、

ご興味のお有りの方は、どうぞ、お早目の御来店をお願い致します。

では、そんな今夜も、いつもとかわらず、皆様の御来店を、心よりお待ち致しております。

【リトルハピネスからの大事なお知らせ】

2017年12月より営業時間が変更致しました。

午後6時~翌3時→午後7時~翌3時

開店時間が1時間遅くなりますが閉店時間はこれまで通り3時までですのでいつでもお立ち寄りください。

今後ともよろしくお願い致します。


『丸氷で愉しむウィスキーロックと季節のフルーツが人気のバー』
リトルハピネス
広島県広島市中区流川町5-14 中山第7ビル1F
TEL:082-247-5779
営業時間:19:00~翌3:00(L.O.2:30)
定休日:年中無休
『世界のラム酒と野菜カクテルのお店』
段原リトルスタンダード
広島県広島市南区段原南2-8-16 黄色の看板HEYA-TENの2F
TEL:082-264-8125
営業時間:[火〜土]20時~24時
定休日:日祝・月曜日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)