HSEとウイスキートーク福岡! 広島駅バー 段原バー リトスタブログ

カテゴリー Blog, Other, ウィスキー, お酒, ラム, 日記, 段原 リトルスタンダード
img_3067.jpg

広島市中区流川のバー Little Happiness 日曜日も営業

皆様こんばんは、本日のリトスタは河野が営業致します。

先週の日曜日は福岡に行ってきました!!

久々の県外。

目的はこちら

年に一度福岡で行われるウイスキーの祭典

「ウイスキートーク福岡2018」

各県で行われるウイスキーイベントの中でもかなりスケールとのことで、ウイスキーフェス未経験の私としては行っておかねばと急遽思い立ちました。

バスを使いましたが片道4時間はキツイ(笑)

到着した時には既に人、人、人の大渋滞❗️❗️❗️

揉みくちゃにされて写真を取ることがほとんどできなかったので一部、ウイスキートーク福岡2017公式サイトからの写真も入れてます。

コンサートがあったり、トークショーがあったり、

オフィシャルやインポーターさんの無料試飲や格安の有料試飲があったり

もう販売してないカリラ19年(片方はトロワリヴィエールカスク)達

来場者のみ抽選にて購入できるイベントボトル達

信濃屋さんのボトルには長熟コニャック、アルマニャック、カルヴァドスなどのブランデーもありました。

この長熟アイリッシュの南国フレーバーも凄かった!!

とにかく盛り沢山の内容でした。

さすがに1日にこんなに飲むことはないので最後の方はしんどくなりましたが、

行ったことのない方は是非来年参加してみてくださいね(^^)

それでは本日のオススメボトルはこちら

HSE(サンテティエンヌ )ラグタイム

200リットルのアメリカンオークバレルで18ヶ月間熟成させた

ラム酒。

アメリカンオーク樽で熟成されているため、1900年代のアメリカで生まれた、アフリカ系アメリカ人の音楽の名前「ラグタイム」と付けられているのだとか。

バニラやサトウキビの甘さ、香水のような香り高いアロマがあり、フランス系ラムがお好きな方にはオススメの一本ですよ。

それでは本日も、ご来店をお待ちしております。

アメリカンオーク樽で熟成されているため、1900年代のアメリカで生まれた、アフリカ系アメリカ人の音楽の名前「ラグタイム」と付けられています。


『丸氷で愉しむウィスキーロックと季節のフルーツが人気のバー』
リトルハピネス
広島県広島市中区流川町5-14 中山第7ビル1F
TEL:082-247-5779
営業時間:19:00~翌3:00(L.O.2:30)
定休日:年中無休
『世界のラム酒と野菜カクテルのお店』
段原リトルスタンダード
広島県広島市南区段原南2-8-16 黄色の看板HEYA-TENの2F
TEL:082-264-8125
営業時間:[火〜土]20時~24時
定休日:日祝・月曜日
『出逢いは必然。Rum&Whiskyの世界へようこそ』
Rum&WhiskyハイボールBar
広島市中区堀川町1-15-1F ざくろビル
TEL:082-545-1710
営業時間:19:00~翌2:00(L.O.1:30)
定休日:日祝・月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)