フランス系ラム 広島駅段原バー リトスタブログ

カテゴリー Blog, ラム, 段原 リトルスタンダード
e0112048_4261876

広島市中区流川のバー Little Happiness 日曜日も営業

こんばんは。

オーナー谷本です。

昨日、秩父ではウィスキー祭りが行われ、ウィスキーラバーがみんな秩父に集結していました。

20171109142100003

いいな〜私も行きたかった・・・泣

今や世界中からウィスキーラバーが集うお祭りです。

こんな風に世界中から人が集まるイベントにできるって凄いですよね♪

広島では、

ラム&シェリー瀬戸内2018

2018年7月1日(日)

が開催されますよ!!

ラムとシェリーに引っ付けて、ウィスキーのラムカスク、シェリーカスクも登場する予定です!

何か楽しい企画をお持ちの方はぜひともお力添えを!!

 

今日はラム酒について少しだけ。

ラム酒をご提案する中で、幅が広すぎてわかりずらいな〜・・・と思ったりしているのですが、

ざっくり分けると、

熟成していないのと、少し熟成しているのと、結構熟成しているのと3タイプあります。

色で言うとこんな感じ。

IMG_1463

見た目からして全然違う!

ほいで、作られている国によって、少しずつ系統が違います。

フランス系、イギリス系、スペイン系の3タイプ。

よく見ると、ラムの表記が微妙に違うのです。

IMG_1464

左から、スペイン系ラム、イギリス系ラム、フランス系ラム。

でも作られている国っていっても、昔植民地だった時代の国として分けていたりするので、フランス系とか言って、フランス本土をイメージすると全然違うのですが・・・。

その中でも有名なのがマルティニークというフランスの海外県の1つで、カリブ海にあります。

e0112048_4261876

ワインとかでよく聞くAOCに認証されているラムもあります!

地理がほぼ分からない私からすると、わりかしチンプンカンプンなのですが、

フランス系ラムは、コニャックの流れを汲んでいて、お上品な作りなものが多い気がします。貴婦人の装いのラムちゃんです。

でも、独特なものが多いので、ラムってこんな感じ!っていう人からのイメージとはかけ離れているので、ラムにはいろんな種類があるんだなー!って感じて飲んで欲しいです(^^)

さっき書いたように、ラベルを見ると、どこ系ラムなのか一目瞭然なのでぜひともRHUMを見つけたらお試しあれ❤️

IMG_1465

本日は月曜日。

20時から24時まで営業。

いつもの段原リトスタカウンターでお待ちしています(^^)

 

 


リトルハピネス
『丸氷で愉しむウィスキーロックと季節のフルーツが人気のバー』
リトルハピネス
広島県広島市中区流川町5-14 中山第7ビル1F
TEL:082-247-5779
営業時間:19:00~翌3:00(L.O.2:30)
定休日:年中無休
段原リトルスタンダード
『世界のラム酒と野菜カクテルのお店』
段原リトルスタンダード
広島県広島市南区段原南2-8-16 黄色の看板HEYA-TENの2F
TEL:082-264-8125
営業時間:[火〜土]20時~24時
定休日:日祝・月曜日
Rum&WhiskyハイボールBar
『出逢いは必然。Rum&Whiskyの世界へようこそ』
Rum&WhiskyハイボールBar
広島市中区堀川町1-15-1F ざくろビル
TEL:082-545-1710
営業時間:19:00~翌2:00(L.O.1:30)
定休日:日祝・月

フランス系ラム 広島駅段原バー リトスタブログ” への2件のフィードバック

  1. ピンバック: Bar Little Happiness

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)