ストラスアイラ12年 広島BARリトハピブログ

カテゴリー Blog, ウィスキー, お酒, スコッチウィスキー, 本館 リトルハピネス
img_0602-2.jpg

広島市中区流川のバー Little Happiness 日曜日も営業

皆様こんばんは!リトハピの河野です。
昨日のブログでボウモアテンペスト(大嵐)をご紹介した呪いなのか何なのか、

今日は雨からのスタートになってしまいました💦
怖い話にハマっているおかげで、最近は都合の悪い事は全て

「呪いのせい」で片付けてしまいます、便利な言葉ですね(笑)

幽霊見てみたい!

さて、根暗な話はここまでにして今日はストラスアイラのご紹介です。

ストラスアイラはリトハピでも人気の、甘さがありバランスの良いスコッチウィスキー。

林檎や蜂蜜、バナナ、麦の甘さと香ばしさのニュアンスがあり、

ウイスキーを飲み慣れていない方にも大変勧めやすいです。

シーバスリーガルというブレンデッドウィスキーの

メインの原酒に使われていることでも有名ですね。
スペイサイドというエリアに蒸留所があり、このあたりで作られるウィスキーは華やかで繊細な味のものが多く、

銘酒が生まれる場所としても知られています。

創業は1786年でスペイサイドエリア最古の蒸留所と言われています。
仕込み用の水はブイエンという池から引いているそうですが、

この池には夜な夜な水の妖精「ケルピー」が現れ池に近付く人を溺死させるという伝説があります。
以下抜粋↓

「ブイエンはケルトの妖精であるケルピーによって守られていると地元では信じられている。

ケルピーは水の精で馬の姿をしており、

手綱をつけた若い馬の格好で道端に佇んで、

歩き疲れた人を待ち受け、

うっかり背中に乗ると

そのまま川をめがけて疾走し、

水深が一番深いところまで潜ってしまい、溺死させる。

さらにその人間の体を、

内臓を残して食べてしまう」
・・・という赤兎馬も真っ青のパワー系妖精ケルピーさんの仕業により、

「ストラスアイラの隠し味は人間である」などどいうブラックジョークも

あるくらい美味しく仕上がっております。

ちなみにストラスアイラの旧ボトルがこちら

こっちの方が個人的にはダークな印象で、妖精伝説ともマッチしたデザインだと思うのですが。

味のイメージは現行のボトルの方が合ってますね。

飲んだことのある方も、こんなエピソードを思い浮かべながらもう一度

試してみたくなったでしょう(笑)

リトハピは本日も営業しております。

ご来店をお待ちしてます(^ ^)


リトルハピネス
『丸氷で愉しむウィスキーロックと季節のフルーツが人気のバー』
リトルハピネス
広島県広島市中区流川町5-14 中山第7ビル1F
TEL:082-247-5779
営業時間:19:00~翌3:00(L.O.2:30)
定休日:年中無休
段原リトルスタンダード
『世界のラム酒と野菜カクテルのお店』
段原リトルスタンダード
広島県広島市南区段原南2-8-16 黄色の看板HEYA-TENの2F
TEL:082-264-8125
営業時間:[火〜土]20時~24時
定休日:日祝・月曜日
Rum&WhiskyハイボールBar
『出逢いは必然。Rum&Whiskyの世界へようこそ』
Rum&WhiskyハイボールBar
広島市中区堀川町1-15-1F ざくろビル
TEL:082-545-1710
営業時間:19:00~翌2:00(L.O.1:30)
定休日:日祝・月

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)